• このエントリーをはてなブックマークに追加

何日前までに予約をするべき?長距離引越しの疑問解決

引越しには多くの時間と労力、そして費用がかかりますが、長距離となるとさらに注意すべき点が増えます。やらねばならないことも多いため、早めに見積もりをとったりするなど、素早い行動をとることが求められます。そして、予約に関しても早めに行っておくことが大事になってきます。 移動の際にはトラックを何日間か使うことになりますし、一日では終わらない作業になることがほとんどなので早めに日程調整をする必要があります。短距離の移動の場合は、一日で持ち運びも設置もすべて終わることがほとんどですが、移動距離が長くなると、移動時間に一日取られたりするので時間がかかる場合が多くなります。移動距離が長い場合には、遅くても3か月くらい前には予約をするべきです。その方が、早割などもあってお得な料金で作業をしてもらえます。

できるだけ早く日程調整をする必要がある

一週間前などギリギリのタイミングで業者を予約できる場合もありますが、これは引越す予定日が業者の閑散期であり、荷物の量が少ない場合のみ受け付けていることがほとんどです。あまりに直前の申し出では業者の方もスケジュールを合わせるのに手間取りますし、バタバタと煩雑な作業になりがちで、精神的にも余裕がなく落ち着かないものです。 そして、大手の業者はやはり多くの人に人気があります。早めに予約をしないと日程調整ができなくなるので、予約すらできなくなってしまう可能性があります。何日前までに気になる業者へ問い合わせをしたらいいのかと悩む人もいますが、複数の業者に見積もりを依頼することを考えると、できるだけ早い方が安心です。

早めに予約をすれば費用もお得になる

長距離の引越しをするとなると、気になるのは費用についてでしょう。費用について考える際にも、やはり早めに予約をしておくことが重要となってきます。急な予約だと高めの見積り額を提示されることも多くなってしまいます。 一方、余裕をもって予約をするようにすれば、複数の業者の料金形態をじっくり比較することができるようになるので、結果的にお得になります。また、値引き交渉に関しても希望が通りやすくなるといったメリットがあります。 できるだけ費用を安く抑えつつ引越すコツは、なるべく早い段階で情報を集めて、早い時期に予約をとることです。特に長距離の場合は距離に応じて高くなりやすい傾向にあるため、様々な業者について比較や検討ができるよう、しっかり時間を確保するようにしましょう。