• このエントリーをはてなブックマークに追加

長距離の引越しは日取りの選び方で料金が大きく異なる

引越しの料金は、距離、移動する人数や荷物の分量、日取りを総合的に合わせたものから算出します。一般的に販売されている商品のように一律に料金が決められている訳ではなく、その時々の事情によっても大きく価格は変わってきます。同じ業者であっても、時期や曜日が異なるだけで大きく価格が変動するため、少しでも費用を安く抑えたいと思うのであれば、時期や曜日の選定は注意をしたいところです。 引越す日の候補として自分たちの都合の良い日をいくつかピックアップし、依頼をしたい業者の料金設定と空き状況を鑑みてから、適切な日時に適切なところへ依頼をするようにしましょう。そうすると、スムーズに新居での生活を始めることができます。

長距離での引越しの際には日取り選びがポイント

長距離で移動があればあるほど、一般的な話としては料金は当然ながら高くなります。これは、人件費やガソリン代なども距離が長ければそれだけかかってしまうためです。遠くに移動する場合であっても、なるべく費用を安くするためには、日取りを選ぶことが大切なポイントとなります。 曜日で言うと、週の半ばは割合空いていることが多いです。逆に混雑しているのは、土曜日、日曜日、月曜日です。同じ時期であっても、この時期に日程を組んでしまうと、かなり金額が変わってくることもあります。繁忙期であればなおのこと、料金の格差は大きくなります。転勤などでどうしても繁忙期に移動せざるを得ない場合を除き、日程を自由に選べるのであれば、閑散期に日取りを持ってくるのも賢い方法と言えます。

閑散期と繁忙期のサービスの違い

閑散期と繁忙期では、同じ長距離を移動する引越しであっても、サービスが異なることが多いです。閑散期であれば、作業員が余っているため、大人数で来てくれて、素早く作業を行ってくれ、予定よりも早く終了することもあります。逆に、繁忙期だと、予定が詰めてあるため、特に午後便から依頼している場合は、来てくれる時間が遅かったり、そこからの作業にも手間取って、終了するのが夜中近くになったりということも少なくありません。 また、繁忙期は当然ながら、料金も高くなってしまいます。どうしても繁忙期に移動せざるを得ない場合は、せめて曜日だけでも空いている日を選ぶようにすると、状況は多少マシになります。業者によって空いている日とそうでない日は異なるので、複数社に見積もりを取るのがおすすめです。