• このエントリーをはてなブックマークに追加

県外への長距離引越しを行う際には

県外へ長距離の引越しを行う時に、気を付けなければならないことがいくつかあります。まず、全体の作業が終わるのに数日間かかることもあるということです。近距離の場合よりも移動などに時間がかかり、一日では終わらないことがほとんどです。また、移動をする際に体力を消耗しがちです。そのため、到着した後しっかり休息する場所と時間をしっかり確保できるように、あらかじめ荷ほどきをしやすいよう工夫をしたり、荷物を開封する際の順番を考えるなどの工夫が求められます。 さらに、体力の温存のためには温度調節も重要です。到着をしたら、エアコンなどの空調を整えられるよう、業者の手配をしておくのがおすすめです。時季が冬などの場合は、外気を遮断できるよう、明るい時間帯にカーテンの取り付けをしておきましょう。

県外へ引越す際の方法

長距離の引越しをする方法はいくつかあります。まずはレンタカーを借り、自力で頑張るという方法です。業者へ依頼する手間が省けますが、友人や知人に手伝ってもらう場合は食事代やお礼のための必要経費がかかりますし、レンタカーのガソリンは満タンにして返さなければならないことがほとんどです。保険もないため、長い時間をかけて移動する際にはあまり適した方法ではありません。 次に、宅配便で荷物を送る方法です。送る段ボールの大きさによって費用が異なりますが、大きめの段ボールだと1箱1500円ほどかかります。荷物が少なく、大きい家電がない場合には適切な方法です。 そして、業者に依頼をする方法があります。業者は素早く積み込みを行ってくれて、梱包も適切に仕上げてくれます。荷物が破損してしまった場合も保険があるので安心ができるでしょう。長い間荷物を輸送しなければならず、たくさん荷物がある場合は業者へ依頼をするのが確実です。

繁忙期はなかなか予約がとれないので注意が必要

これから県外に長距離引越しをする予定の方は、できるだけ早めに業者を手配することが大事です。特に繁忙期の3月はなかなか業者の予約がとれないことがあります。大手の人気の業者は、最低でも1か月前までには予約を入れておくと安心です。また、長い時間をかけて家財道具などを運ぶので、破損や故障などのリスクについても考える必要があります。これらのリスクに対してしっかりと補償をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。 また、見積もりをしてもらう際には直接来てもらうと安心です。どれくらい荷物があるのかきちんと来て把握してもらうことで明確な金額を出してもらえます。また、家に来てもらうことでその業者の担当の人の雰囲気も分かります。ここの業者になら依頼しても安心できそう、と思える業者を早めに手配するのがおすすめです。業者によって雰囲気が違うため、担当の人の人柄などもきちんとチェックしておくようにしましょう。